来年3月 オザワミツグ演劇 新作公演 WSオーディション

主催

オザワミツグ演劇

募集締切

2019/11/25

このオーディションは募集を締め切っています。

募集内容

オザワミツグ演劇の新作公演の、主演を含む出演者募集のワークショップオーディションをやります。
観た人に今の日本という国や世界で何か問題となっている事への立ち向かう力を与えられるような作品にしたいと思っています。

現代人の生活や事件で写実的に切り取ったものと、映像作品等では表現しきれない、想像力をフルに使った表現方法・演劇の良さを掛け合わせて作品作りが出来ればと思っています。

お話の内容としては、サスペンスとミステリーとバイオレンスな悲喜劇になるという予想です。
興味はあるのだけど、僕がどういう舞台を作ろうとしているか、ちゃんとは分からないので不安だ!
という方もいると思いますので、先ずはワークショップだけの参加でも大歓迎です。

オザワミツグ演劇主宰 オザワミツグ

○ ○ ○

オザワミツグ演劇 第五回お披露目
「貧 し く 困 っ て る 人 よ り も優 先 だ 、ゆ け ー ス ト レ ス 怪 獣 ! 」
脚 本 ・ 演 出 オ ザ ワ ミ ツ グ ( オ ザ ワ ミ ツ グ 演 劇 )

2020年3月4日[水]~3月9日[月]/Geki地下Liberty

自分のやっている事は、間違えでは無い。優先だ。

都内で、被害者が変死体(身体が精神的・肉体的ストレスを全く受けていない状態で死亡)
で発見されるという事件が連続で多数発生していた。
同時期に行方不明の事件も発生。死亡者・行方不明者 計50人。
金本 彩(女刑事)は、ほぼ手掛かりの無い事件の捜査状況を打破しようと身の回り、家族の事もほったらかしで奔走していた。
そんな中、自称犯人を名乗る男(加藤 喜妬)が自ら出頭してきた。

男 「生きるべき人は生きて、死ぬべき人は死んでいるだけなんです。」

*一部ダブルキャストで全12ステージ予定
*稽古 2020年2月上旬頃から開始予定  
*劇場入り 2020年3月2日から

オーディション参加費

1,500円

合格後にかかる費用

詳細はお問い合わせください

報酬や給与、賞金や賞品、手当など

出演料、或いはチケットバックがございます。

応募資格

18歳以上の男女

応募方法

[オーディション日程]
12月5日[木]13:30~17:00【A】 18:00~21:30【B】
12月6日[金]13:30~17:00【C】 18:00~21:30【D】
12月7日[土]13:30~17:00【E】 18:00~21:30【F】
(A~F)から、第 1希望、第2希望をお知らせ下さい。
詳細は後日、ご応募頂いた方にメールにてご案内致します。

[応募方法]
こちらのフォームからの応募になります。(https://customform.jp/form/input/26549/ )

[応募締切]
2019年11月25日 23:59 までと致します。
書類選考後、11月28日までにオーディション詳細のご案内を致します。

○ ○ ○

​[オザワミツグ演劇とは]
オザワミツグ主宰によるプロデュースユニット。2018年6月旗揚げ。
​【演劇を見たことのない人にもキャッチーで興味を持ってもらえる作品】
【ただ楽しんでもらうだけでなく、観客の今後の人生に影響を与える事
の出来る作品】を創造する。

[オザワミツグ演劇 過去公演]
●2018年7月 オザワミツグ演劇 第一回お披露目 『人を殺して生きている』 作・演出:オザワミツグ  劇場:花まる学習会王子小劇場

●2018年10月 オザワミツグ演劇 第二回お披露目『わたし、不合格』 作・演出:オザワミツグ  劇場:Theater新宿スターフィールド

●2019年4月 オザワミツグ演劇 第三回お披露目 『どうも、セックスよ、こんにちは。』作・演出:オザワミツグ 劇場:シアター風姿花伝

●2019年9月 オザワミツグ演劇 第四回お披露目 『世界でひとり落ちてだけじゃないのかもよ』脚本・演出:オザワミツグ  劇場:下北沢Geki地下Liberty

お問い合わせ

ozawamituguenngeki@gmail.com

オーディションプラスTOPへ