演人の夜 本公演「本日、承後過ぎの生き方」キャストオーディション

主催

演人の夜

募集締切

2021/8/15

募集内容

2022年1月19日(水)~23日(日)にかけて行う、演人の夜第7回本公演のキャストオーディションを行います。

オーディション受ける前に演人の夜の作品がどんな物か見てみたいという方がいらっしゃいましたらお問い合わせいただけましたら過去公演の動画を送らせていただきます。
初演時の映像もご用意しておりますので参考にしていただけましたら幸いです。

●オーディション日時
8月12日(木)13:00〜16:00
8月15日(日)18:00〜21:00

●オーディション会場
杉並区、もしくは新宿区の公共施設(返信時に記載致します)

※新型コロナウイルス感染防止策として、検温、消毒、逐一の換気、ソーシャルディスタンスの確保、参加者同士の接触のない台本での実技審査等を行います。また、ご参加の際はマスクの着用をお願い致します。

●公演概要

演人の夜第7回本公演
「本日、承後過ぎの生き方」
作・演出 金子賢太朗
2022年1月19日(水)~23日(日)
劇場・萬劇場

●あらすじ
『私の存在を認めてください』

私の生きる意味が知りたいから

『私の存在を認めてください』

いつも私を見てほしいから

『私の存在を認めてください』

私はずっとあなたを見ているから…

誰かの眼差しが自分の心臓を動かしているのだとしたら、

目もくれなくなった時に残るものは一体なーに?

私は生きたい、行きたい、活きたい、イキタイ…

2018年上演の「本日、承後過ぎの生き方」を新たなシーンを追加して再びお届けする、演人の夜第7回公演

●演人の夜とは
2014年活動開始。
実際に起こった事件や金子の実体験をもとにストーリーを展開し、
真綿で首を絞めるようにジワジワと瓦解していく世界を描く。

オーディションのスケジュール

申込みいただきましたら当日実技審査で使用する台本を送らせていただきます。
こちら目を通していただき、当日実技を見させていただきます。

オーディション全日程終了後1週間以内に合否の連絡をさせていただきます。

合格後のスケジュール

●稽古期間
2021年11月中旬顔合わせ
以降は週3日稽古、1月10日~15日連日稽古、16日休み
序盤の稽古時間は18時~22時が基本となります。昼夜稽古は13時~22時となります。

小屋入り:2022年1月17日(月)、18日(火)
公演日程:2022年1月19日(水)~23日(日)

オーディション参加費

なし

合格後にかかる費用

なし

報酬や給与、賞金や賞品、手当など

ノルマなし
売上1枚目~500円バック、21枚目以降1,000円バック

応募資格

演技経験のある方。
集客が最低でも20名以上を見込める方。

応募方法

参加希望の方は、

①お名前
②生年月日
③メールアドレス
④電話番号
⑤演技経歴
⑥自己PR
⑦オーディション参加日
⑧その他備考、質問等

を記入し、宣材写真(なければ顔写真)を添付して

es_enginenight@yahoo.co.jp

まで御送り下さい!

お問い合わせ

es_enginenight@yahoo.co.jp

オーディションプラスTOPへ