第12期能楽(三役) 研修生募集

主催

国立劇場養成所(能楽研修)

募集締切

2023/2/28

募集内容

国立能楽堂ではプロの能楽師を育成する研修を行っています。
能楽は「シテ方」「ワキ方」「囃子方」「狂言方」と呼ばれる諸役により演じられます。それぞれの役方は完全な分業制となっており、他の役方を兼ねることはありません。能のシテ(主役)をつとめる「シテ方」を除いた、シテの相手役を演じる「ワキ方」、音楽を担当する「囃子方」、狂言や能の間狂言を演じる「狂言方」を三役と呼びます。
国立能楽堂では、この三役の研修生を募集しています。

今回の第12期は、以下の役籍流儀の研修生を募集いたします。
ワキ方=福王流
小鼓方=幸流
大鼓方=高安流
太鼓方=観世流
狂言方=和泉流(三宅狂言会)
※笛方の募集はございません。

国立能楽堂は、能楽を未来へ繋いでいく志をもつ若者を待っています。

オーディションのスケジュール

選考試験 令和5年3月を予定(日程が決まり次第、応募者にお知らせします)
選考方法 作文、簡単な実技試験、面接
合格発表 即日

※以下の日程で研修見学会を開催いたします。
第1回:令和4年12月22日(木)18時~
第2回:令和5年1月27日(金)18時~
詳しくはこちらから→https://www.ntj.jac.go.jp/topics/nou/2022/12131.html

オーディション参加費

受験料無料

合格後にかかる費用

受講料無料

報酬や給与、賞金や賞品、手当など

・希望者に伝統芸能伝承奨励費の貸与資格が与えられます。
・遠隔地に居住する研修生には宿舎を貸与(審査有り・有料)、または住宅費補助金を給付します。

応募資格

中学卒業(卒業見込みを含む)以上で、原則として23歳以下の方。
経験は問いません。

応募方法

下記①~⑥を令和5年2月28日までに持参または郵送にて提出してください(期日必着)。
① 受験願書(所定用紙、本人自署のこと)
② 履歴書(所定用紙、本人自署の上、3ヶ月以内に撮影した写真を貼付のこと)
③ 同意書(所定用紙)
④ 住民票(発行日から3ヶ月以内のもの)
⑤ 健康診断書(発行日から3ヶ月以内のもの。用紙は医療機関・保健所等で使用しているもので可)
※必要な検診項目はホームページを参照のこと。
⑥ 写真2枚(タテ5㎝×ヨコ4㎝。3ヶ月以内に撮影したもので履歴書貼付と同じもの)

提出先
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-18-1 国立能楽堂養成係
※郵送による提出の場合は必ず「簡易書留」で、封筒の表に「能楽(三役)研修生願書在中」と朱書してください。

※所定用紙①②③はホームページ(https://www.ntj.jac.go.jp/training/group/nougaku/guidelines.html)からダウンロードできます。
※応募書類は一切返却いたしません。また、個人情報は、他の目的に転用したり第三者に公開・提供することはありません。

お問い合わせ

国立能楽堂 養成係
TEL  03-3423-1483(平日10:00~18:00 12/29~1/3を除く)
EMAIL kenshu12noh★ntj.jac.go.jp(★を@に置き換えてください)

オーディションプラスTOPへ