「白い病」メインキャスト含む男性出演者オーディション

主催

オフィスリコプロダクション株式会社

募集締切

2024/2/25

募集内容

2022年シアター風姿花伝で上演し全回完売、トリプルカーテンコールの好評を得た「白い病」の演出を新たに5/29(木)~6/1(土)中野あくとれにて再演!
出演:香川耕司・小山蓮司(★☆北区AKT STAGE)・渡邉秀夫 他

あらすじ
未知の感染症が蔓延し、数多の人々が死ぬ世界に、唯一の治療法を知るという医師がレーンが現れた。ガレーンは平和を望み、争いをなくしたら治療法を教えると条件を出す。しかしその願いは聞き入れられず情勢は悪化、人々は戦争への道を進んでいくのだった。

阿部賢一先生(訳者)よりコメント
「チャペックの戯曲『白い病』は、第二次世界大戦前夜の1937年に発表された。新型コロナウイルスが猛威を振るい始めた2020年春、『パンデミック』を描く作品の先見性に衝撃を受け、私はこの作品を訳出しはじめた。だが2022年2月24日以降、ふたたび衝撃を受けることとなった。独裁者による「戦争」を描く本作の設定が現実のものとなったからである。それゆえ、今回の上演は、この作品の意義を考えるまたとない機会となるだろう」

演出・舞台美術 銀ゲンタ(shirogane genta)

18歳で故蜷川幸雄氏が主宰する『さいたまネクスト・シアター』 に俳優として最年少合格を果たす。 国内、パリ、香港、など海外公演を含む数々の蜷川作品に出演。7年間在籍。2017年より演出家として活動を開始。2021年 8 月より演出家 西川信廣氏(文学座)の推薦を受け、日本演出者協会に所属。2021年9月清水邦夫作岸田戯曲賞受賞「ぼくらが非情の大河をくだる時」の演出を行い好評を得た。2022年6月「白い病」(カレル・チャペック作 阿部賢一翻訳)の演出をシアター風姿花伝にて行い、連日満席の中、トリプルカーテンコールの喝采を受けた。2023年、劇作家 高橋いさを(ISAWO BOOK STORE)、俳優 田島亮(Acting Space)とタッグを組み、「昭和大事件連続上演 光への道は遠く」を上演、舞台美術を担当。すみだパークシアター倉の高さを活かしたメイン美術その他全てのセットを担当し話題を呼んだ。

主な演出作
「僕らが非情の大河をくだる時」「明日そこに花を挿そうよ」(清水邦夫作)
「白い病」(カレル・チャペック作)
「ロミオとジュリエット」(W・シェイクスピア作)
「熱海殺人事件」(つかこうへい作) 他

オーディションのスケジュール

・オーディション日程
2024年3月1日(金)、2日(土)
11:00~20:00

※上記日時内NGがある場合はその旨ご記載ください。

合格後のスケジュール

●稽古日程
4/26(金)〜5/12(日)
5/13(月)〜5/24(金)
5/25(土)5/26(日)

●稽古時間
13:00~18:00予定

●本番 5/29(木)~6/1(土)
※5/27(月)小屋入り予定

オーディション参加費

無料

交通費は各自でご負担ください。

合格後にかかる費用

ノルマはありませんが集客のご協力をお願いしております。

報酬や給与、賞金や賞品、手当など

チケットバック1枚目~500円、11枚目〜1000円バック、31枚目〜2000円バック
その他条件応相談。
公演チケット代金 4,000~4,500円を予定

応募資格

男性のみ
年齢・経験不問。※未成年は保護者の同意が必要です。
集客に積極的な協力ができる方。

応募方法

下記内容をoffice.riko.pro@gmail.comまでメールにてお送りください。

①お名前(ふりがな)
②生年月日、年齢
③身長、体重
④住所、電話番号、メールアドレス
⑤写真2枚(バストアップ・全身)
⑥志望動機
⑦自己PR(特技などあれば記載お願いします)

お問い合わせ

office.riko.pro@gmail.com

オーディションプラスTOPへ